梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

政治

いただきもの

books.bunshun.jp 著者の松竹さんよりご恵投いただきました。独自の安保・防衛政策で知られる著者が、日本共産党論の形をとりつつ展開した骨太の天下国家論だとお見受けしました。

いただきもの

www.keisoshobo.co.jp 川島真さんが座長を務める、経団連の21世紀政策研究所の1年間のプロジェクトの成果をまとめた論文集です。コロナ禍以降の中国の政治・経済の変遷を復習するにはよい本だと思います。

いただきもの

www.msz.co.jp 版元のみすず書房よりご恵投いただきました。著者は朝日新聞の経済・通商特派員だった方ですが、政治だけではなく、財政政策や通商問題にもかなりの説明が咲かれているので、知識の整理として参考になります。

いただきもの

www.genron-alpha.com 版元よりご恵投いただきました。洋の東西、近代と前近代の人文知を自在に横断する俊英による、スケールの大きな文明論です。訳文がわかりやすいのがありがたい!www.iwanami.co.jp 著者の中西嘉宏さんよりご恵投いただきました。2021年…

お仕事のお知らせ

今年の2月に行われた宇野重規さん、中島隆博さんとの鼎談を斎藤哲也さんにまとめていただいたウェブ記事が『集英社新書プラス』で公開されました。タイトル通りの内容ですが、「人民」と「市民」はどう違うのか?といった、最近あちこちで書いているテーマに…

いただきもの

www.utp.or.jp 寄稿者のお一人である谷垣真理子さんよりご恵投いただきました。ロシアのウクライナ侵攻、香港の民主化運動、アメリカのBLD運動、ミヤンマーのクーデターなど、様々な地域で起きている「暴力性による政治」について考察したアクチュアルな1冊…

お仕事のお知らせ

今年の2月にパネリストとして登壇した21世紀政策研究所のセミナー「中国の重要政策を展望する ─科学・マクロ経済・新疆問題-」の模様が新書(PDF)の形にまとめられて同研究所のウェブサイトで公表されました。リンクはこちら↓です。http://www.21ppi.org/po…

お仕事のお知らせ

link.springer.com 加茂具樹さんとの共著Political Economy of Reform in China (SpringerBriefs in Economics) がSpringerから出版されました。これまで英語で書いてきた論考をまとめた100頁程度の小冊子です。目次並びに内容紹介は以下の通りです。 Chap.1…

いただきもの

www.koyoshobo.co.jp 版元よりご恵投いただきました。目次は以下の通りで、ご覧の通りタイムリーな論集になっています。 第Ⅰ部 米中貿易の解明――相互依存の深化―― 第1章 アメリカン・グローバリゼーションと中国経済体制 …… 板木 雅彦 ――米中貿易の国際的枠…

お仕事のお知らせ

月刊誌『Wedge』11月号に寄稿した「『北京対香港』を乗り越え連帯を訴える不屈の左派論客 區 龍宇」という記事がウェブで公開されました。香港の「プロレタリア民主派」のアクティビスト、區龍宇氏の主張と、彼の近著『香港の反乱2019 抵抗運動と中国のゆく…

いただきもの

www.keio-up.co.jp 著者よりご恵投いただきました。「習近平の強国化戦略」に世界中の注目が集まる昨今、毛沢東時代の中国の安全保障政策を網羅した本書はまさに待望の一冊だといえるでしょう。

『理大囲城』と「公平な観察者」について

genron.co.jp 先日刊行された『ゲンロン12』の東浩紀氏(以下敬称略)の論考「訂正可能性の哲学」を読んだ。これで、ゲンロン10から3号分の彼の長編評論を、比較的短期間のうちに読んだことになる。もちろん扱っているテーマは異なるのだが、そこに一貫する…

いただきもの

www.chuko.co.jp 著者の佐橋さんよりご恵投いただきました。これからの世界の行方を左右するであろう重要テーマでありながら、どう切り取っても批判が飛んできそうなセンシティブな問題について、両国の外交・政治に精通した気鋭の研究者が果敢に切り込んだ…

お仕事のお知らせ

www.keisoshobo.co.jp 廣野美和さんを中心とする立命館大学の、一帯一路構想を政治/経済、国内/国際という二つの軸から総合的にとらえようという野心的なプロジェクトの成果です。私も「一帯一路構想は新興国に「債務の罠」をもたらすか」という論文を寄稿…

いただきもの

www.bunshin-do.co.jp 著者のお一人である栖原さんよりご恵投いただきました。カール・ポランニーの思考に触発されながらグローバリゼーションと新自由主義のオルタナティブを模索する論考が並べられています。bookclub.kodansha.co.jp 著者の松尾匡さんより…

いただきもの

www.hakutou.co.jp 版元よりご恵投いただきました。コースの業績をたどりつつ、新制度派経済学の成立過程を明らかにする本格的な研究書です。nasu-satoyamasya.com 今年のアメリカ合衆国大統領選挙の民主党候補者として名乗りを上げ、注目を集めた社会活動家…

いただきもの

www.utp.or.jp 版元よりご恵投いただきました。東京大学出版会の新しいソフトカバーのシリーズ、UP plusの中の第1冊目です。以下、出版社ウェブサイトより。 UP plus 創刊にあたって 現代社会は,20世紀末の情報革命とグローバル資本主義の深化によって大き…

お仕事のお知らせ

講談社のウェブメディア『現代ビジネス』に、全3回の連載記事「日中で共鳴する新自由主義の行方」の最終回「竹中平蔵氏と中国・習近平政権、提唱する「経済政策」がこんなに似てきている」を掲載しました。竹中氏が旗振り役を務めるスーパーシティ構想が、「…

いただきもの

www.chikumashobo.co.jp 建築史がご専門の市川紘司さんよりご恵投いただきました。市川さんには以前『建築雑誌』に中国の監視社会についてインタビューしていただいた時からのご縁です。天安門広場を広い意味で中国社会を統治するための「アーキテクチャー」…

いただきもの

香港とは何か (ちくま新書 1512) [ 野嶋 剛 ]価格: 924 円楽天で詳細を見る 近年、特に精力的にお仕事を発表され続けている野嶋剛さんが、歴史・文化的な背景も踏まえながら激動の香港情勢をリポートした渾身のノンフィクションです。特に、2014年の雨傘運…

いただきもの

自由主義の危機: 国際秩序と日本作者:船橋 洋一,G・ジョン・アイケンベリー発売日: 2020/08/07メディア: 単行本 船橋洋一さんよりご継投いただきました。香港のタブロイド紙アップル・デイリー(蘋果日報)の創始者、黎智英(ジミー・ライ)氏らが香港国家安…

お仕事のお知らせ

よくわかる現代中国政治 (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)発売日: 2020/04/14メディア: 単行本 見開き2ページに一つずつ現代中国政治の重要トピックが改札された文字通り、初学者にもわかりやすい中国政治のテキストとして編集されたものです。わ…

いただきもの

「都構想」を止めて大阪を豊かにする5つの方法作者:大石 あきこ発売日: 2020/04/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 版元よりご恵投いただきました。昨年、薔薇マークキャンペーンを通じてはじめてお会いした大石あきこさんの「原点」ともいうべき大阪都構…

いただきもの

中国 統治のジレンマ:中央・地方関係の変容と未完の再集権 (慶應義塾大学法学研究会叢書 90)作者:磯部 靖出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会発売日: 2019/12/13メディア: 単行本 著者の磯部さんよりご恵投いただきました。現在の中国政治の動向を、伝統的…

いただきもの

六四と一九八九:習近平帝国とどう向き合うのか作者:出版社/メーカー: 白水社発売日: 2019/12/25メディア: 単行本(ソフトカバー) 編者の石井知章さん、及川淳子さんよりご恵投いただきました。以下、白水社の紹介ページ六四と一九八九 - 白水社より。 1989…

いただきもの

中国の外交戦略と世界秩序作者:出版社/メーカー: 昭和堂発売日: 2019/12/16メディア: 単行本 編者の方々からご恵投いただきました。中国の外交的なプレゼンス拡大とその影響に関する、直球ど真ん中の研究書ですね。

いただきもの

中国の行動原理-国内潮流が決める国際関係 (中公新書)作者:益尾 知佐子出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2019/11/19メディア: 新書 著者よりご恵投いただきました。実は頂く前に一冊購入してすでに呼んでいたのですが、この本は「政府間関係や経済関係…

いただきもの

香港雨傘運動と市民的不服従 「一国二制度」のゆくえ作者: 周保松,倉田徹,石井知章,蕭雲出版社/メーカー: 社会評論社発売日: 2019/11/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 石井知章さんよりご恵投いただきました。香港のリベラル左派の知識人、周…

いただきもの

books.rakuten.co.jp 著者の小笠原さんよりご恵投いただきました。ありがとうございます。

功利主義+テクノロジー、市民社会、現代中国

『週刊読書人』11月2日号の綿野恵太氏によるコラム「論潮」で、拙著『中国経済講義』ならびに「『リベラル』な天皇主義者はアジア的復古の夢を見るか?」(『現代中国研究』第40号)が言及されています。特に後者については、「功利主義+テクノロジー」によ…