梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

経済

いただきもの

www.hakutou.co.jp 版元よりご恵投いただきました。コースの業績をたどりつつ、新制度派経済学の成立過程を明らかにする本格的な研究書です。nasu-satoyamasya.com 今年のアメリカ合衆国大統領選挙の民主党候補者として名乗りを上げ、注目を集めた社会活動家…

お仕事のお知らせ

11月16日(月)発売の、『週刊東洋経済』11月21日号で「デジタル大国 中国」という特集が組まれています。premium.toyokeizai.net その特集号に、アジア・パシフィック・イニシアティブの徳地立人さんとの対談「中国通の2人が語り尽くすデジタル中国への期待…

いただきもの

www.kyuko.asia 著者の久保亨さんよりご恵投いただきました。前著の『現代中国の原型の出現 』と合わせて、著者のこれまでの中国近現代経済史研究の集大成といえる内容です。

いただきもの

www.hanmoto.com 監訳者の高口康太さんよりご恵投いただきました。タイトルは「ユニコーン列伝」ですが、中国のシェアリングエコノミーに関する包括的な研究書といった感じの書籍です。あまり類書がないので、貴重なス1冊だと思います。

いただきもの

www.utp.or.jp 版元よりご恵投いただきました。東京大学出版会の新しいソフトカバーのシリーズ、UP plusの中の第1冊目です。以下、出版社ウェブサイトより。 UP plus 創刊にあたって 現代社会は,20世紀末の情報革命とグローバル資本主義の深化によって大き…

いただきもの

www.keisoshobo.co.jp 著者の大橋英夫さんよりご恵投いただきました。この問題の第一人者によるタイムリーな米中経済関係の分析です。

いただきもの

www.bunshin-do.co.jp 編者の木村福成さんにご恵投いただきました。米中対立に揺れる東アジアの貿易自由化と経済統合の現状と展望に関する論文集です。www.chuko.co.jp 著者の伊藤亜聖さんにご恵投いただきました。中国経済研究の希望の星が変化の目まぐるし…

いただきもの

www.hayakawabooks.com ステファニー・ケルトン『財政赤字の神話』を、版元の早川書房よりご恵投いただきました。これを読んでコロナ増税阻止のための理論武装をしよう!

お仕事のお知らせ

講談社のウェブメディア『現代ビジネス』に、全3回の連載記事「日中で共鳴する新自由主義の行方」の第2回目「竹中平蔵氏の『雇用流動化』政策が、中国で人気になっている理由」を掲載しました。gendai.ismedia.jp タイトルはややミスリーディングで(竹中平…

お仕事のお知らせ

講談社のウェブメディア『現代ビジネス』に、「竹中平蔵氏、中国社会でひそかに「大人気」になっていた」という記事を寄稿しました。3回連続シリーズの第1回です。gendai.ismedia.jp この記事ですが、少し前に以下のようなツイートを何気なくしたところ、そ…

いただきもの

先々週東京方面に出張したのですが、感染拡大防止のためその後2週間自宅での待機が必要でしばらく大学に顔を出していませんでした。その間にいろいろといただいておりました。どうもありがとうございます。お礼が遅くなりましたことをこの場を借りてお詫び申…

いただきもの

プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション (角川書店単行本)作者:高須 正和,高口 康太,澤田 翔,藤岡 淳一,伊藤 亜聖,山形 浩生発売日: 2020/07/31メディア: Kindle版 私も中国の調査などでいつもお世話になっている高口康太さん、高須正和さんをはじ…

いただきもの

バランスシートでゼロから分かる 財政破綻論の誤り作者:朴 勝俊,シェイブテイル発売日: 2020/06/25メディア: 単行本(ソフトカバー) 最近、反緊縮派の気鋭の論客として注目を集めている朴勝俊さんがやはり反緊縮・積極財政論の立場からインターネットを中心…

お仕事のお知らせ

中国年鑑2020発売日: 2020/05/20メディア: 単行本 目次 特集 中国建国70年の光と陰 Ⅰ.総論――毛沢東の夢、習近平の現実[伊藤一彦] Ⅱ.新型コロナの感染拡大――世界の脅威に協力対応を[押谷仁] Ⅲ.米中経済摩擦と中国経済への影響[大橋英夫] Ⅳ.新中国建…

いただきもの

変容するASEANの商業銀行 (アジ研選書)発売日: 2020/03/27メディア: 単行本編者の三重野さんよりご恵投いただきました。東南アジアの銀行に絞った研究書はあまり他にないので、貴重な成果だと思います。

お仕事のお知らせ

日本統計協会が発行している月刊誌『月刊 統計』5月号の特集「中国経済はどこへ向かうのか」に「新型コロナウイルスと中国経済ー財政・金融政策を中心に」という一文を寄稿しました。この特集は丸川知雄さん、関志雄さん、遊川和夫さんという豪華な顔ぶれが…

お仕事のお知らせ

4月17日付けの日経新聞「経済教室」欄に、「コロナショック後の世界(下)中国、社会的分断 深刻化も」という一文を寄稿しました(有料記事)。www.nikkei.com 中国のコロナショックに対する経済政策は、(1)個人の所得補償よりも企業への低金利融資を重視する(…

お仕事のお知らせ

3月30日(月)発売の、『週刊東洋経済』4月4日号のコラム「中国動態」に、「供給と需要のダブルショック、八方ふさがりの中国経済」という記事を寄稿しました。premium.toyokeizai.net 前回のコラムでも書いたのですが、コロナウイルスの感染防止のための都…

いただきもの

現代中国の農村発展と資源管理: 村による集団所有と経営作者:山田 七絵発売日: 2020/03/19メディア: 単行本 著者よりご恵投いただきました。アジア経済研究所で中国農村研究を続けてこられた山田七絵さんの現地での豊富なフィールドワークを基にした貴重な研…

お仕事のお知らせ

2月24日(月)発売の、『週刊東洋経済』2月29日号のコラム「中国動態」に、「新型肺炎対策で金融を大緩和、モラルハザード蔓延の懸念も」という記事を寄稿しました。premium.toyokeizai.net 春節明け後も武漢を中心に生産が停止していることで、中国経済への…

いただきもの

現代中国経済入門: 人口ボーナスから改革ボーナスへ作者:蔡 昉出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2019/12/27メディア: 単行本 昨年の12月に出版された、中国社会科学院のエコノミスト、蔡昉氏による中国経済のテキストです。近年出版された中国経済…

お仕事のお知らせ

1月20日(月)発売の、『週刊東洋経済』1月25日号のコラム「中国動態」に、「デジタル人民元との相性いかに『民主的』なブロックチェーン」という記事を寄稿しました。premium.toyokeizai.net 中国政府はいわゆるデジタル人民元の発行に向けた技術的・法整備…

いただきもの

自由の命運 上: 国家、社会、そして狭い回廊作者:ダロン アセモグル,ジェイムズ A ロビンソン,Daron Acemoglu,James A. Robinson出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2020/01/23メディア: 単行本自由の命運 下: 国家、社会、そして狭い回廊作者:ダロン アセモ…

お仕事のお知らせ

雑誌『東亜』2019年12月号に寄稿した中国のマクロ経済政策の見通しに関する論考「中国経済のマクロ動向 : 積極的な財政政策と地方政府の制御は両立するか (特集 米中持久戦のゆくえ)」が神戸大学の機関レポジトリKernelで公開されました。関心のある方は下記…

いただきもの

Russian Economic Development over Three Centuries: New Data and Inferences作者:出版社/メーカー: Palgrave Macmillan発売日: 2019/11/18メディア: ハードカバー 著者のお一人である上垣彰さんよりご恵投いただきました。一橋大学経済研究所を中心として…

いただきもの

香港雨傘運動と市民的不服従 「一国二制度」のゆくえ作者: 周保松,倉田徹,石井知章,蕭雲出版社/メーカー: 社会評論社発売日: 2019/11/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 石井知章さんよりご恵投いただきました。香港のリベラル左派の知識人、周…

お仕事のお知らせ

本日(11月13日)付けの日本経済新聞「経済教室」欄に「中国経済 どうみるか(上)財政・金融政策の積極連携へ」という記事を寄稿しました。原則が明らかになっている中国経済ですが、景気対策としての積極的な財政政策の有効性が焦点になっていることを改めて…

お仕事のお知らせ

10月28日(月)発売の、『週刊東洋経済』11月2日号のコラム「中国動態」に、「米国の対中資本規制は本当に強化されるのか」という記事を寄稿しました。米国で対中資本規制への動きが取り沙汰される一方で、VIE(変動持分事業体)スキームなどを通じて米国の…

いただきもの

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生作者: 湯進出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2019/10/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 著者よりご恵投いただきました。最近、中国の自動車産業に…

お仕事のお知らせ

9月23日(月)発売の、『週刊東洋経済』9月28日号のコラム「中国動態」に、「ブロックチェーン技術実装で中国が先行する理由」という記事を寄稿しました。8月末に杭州市のアント・ファイナンス本社を訪問した際のインタビューがベースになっています。個人的…