梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

歴史

いただきもの

www.keio-up.co.jp 版元よりご恵投いただきました。人権問題で国際的な関心が集まる新疆ウイグル自治区における民族対立の問題を、清朝からの「帝国継承国家」としての中華民国、中華人民共和国の統治のあり方自体が抱える問題としてとらえた、力作です。

いただきもの

www.shinchosha.co.jp 相変わらず旺盛な執筆活動を続けている岡本隆司さんより新著をご恵投いただきました。永楽帝のような「いかにも」といった人物だけではなく、王安石・梁啓超・康有為のような知識人も「悪党」としてまな板に上っているところが大変興味…

いただきもの

www.iwanami.co.jp著者のお一人である村上衛さんにご恵投いただきました。グローバル・ヒストリーなどの世界の構造的把握という視点を前面に出した岩波講座「世界歴史」の近代アジア巻です。

いただきもの

www.iwanami.co.jp 著者の岡本隆司さんよりご恵投いただきました。曾国藩を中心に据えた中国近代史の一般書はおそらく初めてでは?楽しみに拝読したいと思います。www.bunshin-do.co.jp 執筆者よりご恵投いただきました。RCEPに関してはまとまった研究所があ…

いただきもの

www.msz.co.jp 版元よりご恵投いただきました。中国近代ナショナリズムに関する刺激的な研究『五四運動の残響』の著書ラナ・ミッターが、現代まで続くナショナリズムの原点としての抗日戦争の記憶に踏み込んだ意欲作です。中国に対する国際的な視点が厳しさ…

いただきもの

www.kinokuniya.co.jp 著者の岡本隆司さんよりご恵投いただきました。相変わらず精力的にご活躍されている岡本さんですが、最近はこれまでの著作を英語に翻訳する機会が増えているようです。一ファンとしてもこの動きを喜びたいと思います。

いただきもの

https://www.minervashobo.co.jp/book/b600841.html 著者の武藤秀太郎さんよりご恵投いただきました。尾崎行雄、犬養毅とともに「大隈重信門下の三傑」と呼ばれた島田三郎の評伝です。渋い・・

いただきもの

honto.jp 著者よりご恵投いただきました。このところ精力的に著作を発表されている民清期中国社会経済史の第一人者、岸本美緒氏による「歴史学」論集です。これまで私も折に触れ参照し、影響を受けてきた重要な論考が多数収められています。

いただきもの

www.unp.or.jp 版元よりご恵投いただきました。反日デモが盛り上がったのはもう10年ほど前のことですが、それとは全く別の文脈、すなわち米中間の対立から中国との関係の困難さが語られる現在、その困難さの起源を求めて歴史を振り返ることの大切さを感じさ…

いただきもの

www.jimbunshoin.co.jp 版元よりご恵投いただきました。感染拡大のなか金メダルラッシュに沸くという矛盾した状況の中で、改めてこの問題に向き合ってみるのも悪くないかもしれません。

いただきもの

www.unp.or.jp このところ精力的に毛沢東時代に関する研究書を発表されている中兼和津次先生よりご恵投いただきました。第一線の中国経済研究者により、人民公社、重化学工業優先、三線建設など、当時の制度・政策の効果に関する、重厚な論文集です。

いただきもの

ジャーナリストの野嶋剛さんより、『蒋介石を救った帝国軍人 台湾軍事顧問団・白団の真相』(ちくま文庫)をご恵投いただきました。詳細については下記の野嶋さんのブログ記事をご参照ください。nojimatsuyoshi.com なお、この著作は2014年に刊行された『ラ…

いただきもの

www.shinchosha.co.jp 版元よりお送りいただきました。日本中世社会についての楽しく読める解説本です。

いただきもの

shukousha.com 著者よりご恵投いただきました。著者のライフワークである日中戦争史研究の集大成ともいうべき大著です。

いただきもの

www.maruzen-publishing.co.jp 著者の水羽信夫さんからご恵投いただきました。中国近現代史を専門とする研究者が、広島の原爆体験とその教訓をどうアジアの市民と共有するか、という困難な課題に取り組んだ書物です。

いただきもの

honto.jp 著者よりご恵投いただきました。言わずと知れた明清史研究の第一人者による論文集シリーズの第3弾です。今回収められた論文は契約・法制度に関するものが多く、寺田浩明著『中国法制史』の内容とも重なる部分が少なくないので、併せて読むことでよ…

いただきもの

www.kyuko.asia 編著者の方からご恵投いただきました。以下、版元のウェブサイトの紹介分より抜粋です。 新型コロナウイルスの感染拡大が世界を席巻するなか、米中対立の深刻化に歯止めがかからない。近年の米国の変調ぶりもさることながら、その間隙に乗じ…

いただきもの

www.kyuko.asia 著者の久保亨さんよりご恵投いただきました。前著の『現代中国の原型の出現 』と合わせて、著者のこれまでの中国近現代経済史研究の集大成といえる内容です。

いただきもの

www.chikumashobo.co.jp 建築史がご専門の市川紘司さんよりご恵投いただきました。市川さんには以前『建築雑誌』に中国の監視社会についてインタビューしていただいた時からのご縁です。天安門広場を広い意味で中国社会を統治するための「アーキテクチャー」…

いただきもの

先々週東京方面に出張したのですが、感染拡大防止のためその後2週間自宅での待機が必要でしばらく大学に顔を出していませんでした。その間にいろいろといただいておりました。どうもありがとうございます。お礼が遅くなりましたことをこの場を借りてお詫び申…

お仕事のお知らせ

『中央公論』4月号に掲載された、岡本隆司さんとの対談「都市封鎖、ハイテク監視の合理・非合理 中国は「AI×中華思想」のネオ強権国家か?」が、神戸大学の学術成果リポジトリKernelで公開されました。以下のリンクからPDFを入手できます。http://www.lib.…

いただきもの

香港の歴史――東洋と西洋の間に立つ人々 (世界歴史叢書)作者:ジョン・M・キャロル発売日: 2020/07/10メディア: 単行本 訳者のおひとりである倉田徹さんからご恵投いただきました。あとがきで書かれているように日本では香港に対する関心が急速に高まる中、「…

いただきもの

「中国」の形成 現代への展望 (シリーズ 中国の歴史)作者:岡本 隆司発売日: 2020/07/18メディア: 新書 岡本さんよりご継投いただきました。内容の充実度やシリーズの統一感だけでなく、きちんと毎号予定通り刊行されていることが実に素晴らしい岩波新書の「…

いただきもの

アジア的空間の近代:知とパワーのグローバル・ヒストリー (慶應義塾大学東アジア研究所叢書)発売日: 2020/03/25メディア: 単行本 著者よりご恵投いただきました。慶應義塾大学東アジア研究所での共同研究をベースにした、英蘭ー東南アジアー中国ー日本を結ぶ…

いただきもの

東アジアの論理-日中韓の歴史から読み解く (中公新書 2586)作者:岡本 隆司発売日: 2020/03/17メディア: 新書 相変わらず旺盛な執筆活動を続ける岡本隆司さんから新しいご著書をご恵投いただきました。ひとまず、帯の文句「中国と韓国を理解するには歴史に鋭…

お仕事のお知らせ

中央公論 2020年 04 月号 [雑誌]発売日: 2020/03/10メディア: 雑誌 3月10日発売の『中央公論』4月号に、岡本隆司さんとの対談「都市封鎖、ハイテク監視の合理・非合理 中国は「AI×中華思想」のネオ強権国家か?」が掲載されています。同じ号の高口さんの紀…

お仕事のお知らせ

新・図説 中国近現代史〔改訂版〕: 日中新時代の見取図作者:田中 仁,菊池 一隆,加藤 弘之,日野 みどり,岡本 隆司,梶谷 懐発売日: 2020/02/28メディア: 単行本 近現代中国の歩みを豊富な図版やグラフでたどるテキストの改訂版です。今回から私も執筆者の末席…

いただきもの

文化大革命 上巻作者:フランク・ディケーター発売日: 2020/03/12メディア: 単行本文化大革命 下巻: 人民の歴史 1962-1976作者:フランク・ディケーター発売日: 2020/03/12メディア: 単行本 出版社からご恵投いただきました。『文庫 毛沢東の大飢饉: 史上最も…

いただきもの

荒れ野の六十年―東アジア世界の歴史地政学作者:與那覇 潤出版社/メーカー: 勉誠出版発売日: 2020/01/31メディア: 単行本 著者の與那覇潤さんよりご恵投いただきました。主にご病気の前に各種媒体に発表された、「東アジア」における歴史の語り方やを踏まえた…

いただきもの

中国料理と近現代日本:食と嗜好の文化交流史 (慶應義塾大学東アジア研究所叢書)作者:岩間 一弘出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会発売日: 2019/12/20メディア: 単行本 編者の岩間さんよりご恵投いただきました。独自の進化を遂げた日本の中国料理に焦点を…