梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

お仕事のお知らせ

 朝日新聞の日曜版GLOBEで、「それは「監視」か「見守り」か」という監視社会をテーマにした特集が組まれています。

globe.asahi.com

 そこに、編集部のインタビューに答える形で下記のような記事を寄稿しています。

globe.asahi.com

 2億台以上ものカメラが市民の生活を監視する中国。企業は人びとのネット通販やスマホ決済の利用履歴を収集し、膨大な個人データをもとに国民一人ひとりを格付けする「監視社会」だ。しかし、「幸福な監視国家・中国」(NHK出版新書)の著者である梶谷懐・神戸大教授によると、多くの中国人は現状にむしろ肯定的だという。なぜなのか。

 この特集はほかにも、中国やアジア社会の監視社会が大きなテーマになっています。特にコロナウイルス対策で個人情報を利用した接触アプリなどの導入が一気に進みつつある現状を考えると、こういうテーマについて深く考えることの重要性は高まっているように思います。

globe.asahi.com

globe.asahi.com

globe.asahi.com

いただきもの

 東大社研で2016年から開始された「危機対応の社会科学」プロジェクトの研究成果の論文集です。伊藤亜聖さん、佐橋亮さん、丸川知雄さん、が日中関係に関する論考を寄稿されています。

序章 国境を越える危機 ―その原因、対応と帰結、そして予防 保城広至
第Ⅰ部 危機の原因と直接的対応

第1章 アジア・中東 ―危機と秩序の構図 保城広至
第2章 戦後日米同盟の危機とレジリエンス ―安倍=トランプ政権下での日米同盟の二つのシナリオと危機対応策 西川 賢(津田塾大学
第3章 米中関係と危機 ―政治的意思による安定とその脆弱性 佐橋 亮(東京大学
第Ⅱ部 危機の帰結

第4章 「危機的」な日中関係と対中感情温度 伊藤亜聖
第5章 日韓協力の促進材としての国際危機 曺良鉉(韓国国立外交院)
第6章 アジア通貨金融危機中央銀行の独立性強化 ―IMFと危機の責任の政治 岡部恭宜(東北大学
第Ⅲ部 危機の予防

第7章 戦争の危機と重要施設の移転 ―日中の比較史 丸川知雄
第8章 危機対応の制度化としての予防外交 ―OSCEモデルの中東への適用案 中村 覚(神戸大学
第9章 仮想通貨(暗号通貨)をめぐる危機と規制 中川淳司(中央学院大学
おわりに 保城広至
付録 政治危機年表・経済危機年表 松岡智之・保城広至

いただきもの

バランスシートでゼロから分かる 財政破綻論の誤り

バランスシートでゼロから分かる 財政破綻論の誤り

 最近、反緊縮派の気鋭の論客として注目を集めている朴勝俊さんがやはり反緊縮・積極財政論の立場からインターネットを中心に盛んに活動している在野の貨幣論研究家・シェイブテイルさんとタッグを組んで財政破綻論を徹底的に批判する1冊です。とても読みやすそうなのでこの問題に関心はあるけれどもよくわからない、という人にもお勧めします。




 1992年生まれの若い世代の香港人研究者が、世界的に注目が集まる香港問題を自らのアイデンティティと留学先である日本との関係から深く考察したもの。ちょうど購入しようと思ったところなのでありがたく読ませていただきます!

お仕事のお知らせ

中国年鑑2020

中国年鑑2020

  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: 単行本

目次
特集 中国建国70年の光と陰
 Ⅰ.総論――毛沢東の夢、習近平の現実[伊藤一彦]
 Ⅱ.新型コロナの感染拡大――世界の脅威に協力対応を[押谷仁]
 Ⅲ.米中経済摩擦と中国経済への影響[大橋英夫]
 Ⅳ.新中国建国70周年と今後の課題――中国経済における緊縮と反緊縮[梶谷懐]
 Ⅴ.70周年を迎えた中国――国家統治をめぐる自信と不安[小嶋華津子]
 Ⅵ.中国にとっての香港の意味――建国から2019年香港危機まで[倉田徹]
 Ⅶ.「92年コンセンサス」の盛衰――習近平政権の対台湾政策[福田円]
 Ⅷ.新時代の日中関係構築を――国際協調と民主化が鍵[森保裕]

〈動向〉政治◇台湾・香港・マカオ・華僑◇対外関係◇経済◇文化◇社会

〈要覧〉国土と自然◇人口◇国の仕組み◇軍事◇少数民族◇台湾◇香港◇マカオ◇華僑・華人◇国民経済◇財政◇金融◇証券・保険◇農業◇工業◇資源・エネルギー◇交通運輸◇対外経済◇知的財産権◇労働◇暮らし◇社会保障・医療制度◇環境問題◇教育◇NGONPO◇文化◇宗教◇日中関係

〈資料〉統計公報◇重要文献◇中国行政区画一覧◇党・国家の組織と人事◇日中友好都市一覧◇要人往来◇中国の世界遺産・世界の記憶・無形文化遺産


 『中国年鑑2020』に「新中国建国70周年と今後の課題――中国経済における緊縮と反緊縮」という一文を寄稿しています(これはたぶん自分で購入しないと送ってもらえないようなので、実物をまだ見ていないのですが)。「趙紫陽共産党政権唯一の反緊縮的指導者として再評価すべきだ」という持論(?)を展開しています。

いただきもの

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

  • 作者:熊代 亨
  • 発売日: 2020/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 有名ブログ「シロクマの屑籠」を運営されている精神科医の熊代亨さんより、ご著書をご恵投いただきました。第六章「アーキテクチャとコミュニケーション」で、環境管理型権力の日本における広がり、という文脈で拙著『幸福な監視国家・中国』にも言及していただいています。

p-shirokuma.hatenadiary.com