梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

いただきもの

www.chikumashobo.co.jp

建築史がご専門の市川紘司さんよりご恵投いただきました。市川さんには以前『建築雑誌』に中国の監視社会についてインタビューしていただいた時からのご縁です。天安門広場を広い意味で中国社会を統治するための「アーキテクチャー」としてとらえ、その歴史的背景を掘り下げた力作です。

お仕事のお知らせ

サービス学会が発行するウェブマガジン、『サービソロジー』の特集記事として、「コロナウイルス感染症COVID-19と監視社会」という文章を寄稿しました。

magazine.serviceology.org

 内容的には先日『公研』に掲載された宇野重規さんとの対談とも重なるところも多いですが、功利主義の思想的背景や個人情報の一元的管理に関する歴史的背景についてもやや詳しく論じています。よろしければご一読ください。


koken-publication.com

いただきもの

www.shinchosha.co.jp

 2016年の米大統領選でフェイスブックのデータが流用されてトランプ陣営に有利な不正介入が行われたいわゆるケンブリッジ・アナリティカ(CA)の内部告発をしたクリストファー・ワイルによる暴露本の日本語訳です。実は、版元の新潮社のPR誌に書評の寄稿を頼まれてゲラ段階で読んでいたのですが、想像以上に衝撃的なことが書かれています。データ監視社会、あるいはポスト・トゥルース社会のポピュリズムなどに興味のある人にとっては必読の本だと思います。

www.koyoshobo.co.jp


 著者よりご恵投いただきました。ホットなトピックですね。

いただきもの

 先々週東京方面に出張したのですが、感染拡大防止のためその後2週間自宅での待機が必要でしばらく大学に顔を出していませんでした。その間にいろいろといただいておりました。どうもありがとうございます。お礼が遅くなりましたことをこの場を借りてお詫び申し上げます。
 まことに恐縮ですが、書物のリンクだけを列挙させていただきます。

www.keisoshobo.co.jp

www.kawade.co.jp

www.sptokyo.co.jp

www.yuhikaku.co.jp

www.kenbunshuppan.com


www.keio-up.co.jp

いただきもの

honto.jp


 翻訳者のお一人である岡本隆司さんよりご恵投いただきました。中国の近代を考えるのには避けて通れない思想家で、これまで岩波文庫にその著作が収録されていなかったのが不思議な梁啓超の文集に、懇切丁寧な訳注と解説が付いた待望の一冊です。

お仕事のお知らせ

  『中央公論』4月号に掲載された、岡本隆司さんとの対談「都市封鎖、ハイテク監視の合理・非合理 中国は「AI×中華思想」のネオ強権国家か?」が、神戸大学の学術成果リポジトリKernelで公開されました。以下のリンクからPDFを入手できます。

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/90007378.pdf

kaikaji.hatenablog.com

いただきもの

 近年、特に精力的にお仕事を発表され続けている野嶋剛さんが、歴史・文化的な背景も踏まえながら激動の香港情勢をリポートした渾身のノンフィクションです。特に、2014年の雨傘運動から昨年の反送中デモ、そして今年の国家安全維持法の制定に至る社会の動きを整理して理解する上では頼りになる1冊だと思います。