梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

いただきもの

www.hanmoto.com 著者のお一人である村上衛さんよりご恵投いただきました。日本の近代的工業化の歴史を東アジアとの比較を通じて描き出す意欲的なテキストです。

いただきもの

www.chikumashobo.co.jp 版元よりご恵投いただきました。定評のある著者による経済学入門。経済学部の1年生ゼミのテキストなどにちょうどよさそうです。

いただきもの

bookplus.nikkei.com 神戸大学の同僚でもある著者の佐野晋平さんよりご恵投いただきました。教育の経済学に関する最新の知見がわかりやすくコンパクトにまとめられています。

いただきもの

執筆者の方々からご恵投いただきました。グローバルヒストリーの成果も積極的に取り入れた、本格的なアジア経済史のテキスト(上下二巻本)です。www.iwanami.co.jp

お仕事のお知らせ

国際情報サイト『Foresight』に、岡本隆司さんの著作『物語 江南の歴史』の書評「アリババ、テンセントに見る『南方』の処世術」を寄稿しました。無料で読めるようですので、もしよろしければご一読ください。www.fsight.jpwww.chuko.co.jp

お仕事のお知らせ

『週刊東洋経済』のコラム「中国動態」に、「失業率だけでは見えない中国『労働問題』の本質」という記事を寄稿しました。電子版記事はすでに公開されています。昨年7月に公開が停止された若年層失業率が12月に再度公開され、話題になりました。しかし、中国…

いただきもの

www.chuko.co.jp 中公新書編集担当の胡さんよりご恵投いただきました。占領期から現代の普天間移設問題まで、基地と日米関係の軌跡を丹念にたどった重厚な新書です。

いただきもの

www.keisoshobo.co.jp 著者で神戸大学の同僚でもある衣笠智子さんよりご恵投いただきました。人口・農業・経済を総合的に捉える著者の研究の集大成です。

いただきもの

著者の飯島渉さんよりご恵投いただきました。www.iwanami.co.jp コロナ禍初期のころからその専門知を活かして積極的に発言を続けてきた第一人者による待望の啓蒙書です。世間がすっかりコロナ禍のことを忘れてしまったかに思える今だからこそ読んでおきたい…

お仕事のお知らせ

NIRA総合研究開発機構『日本と世界の課題2024』に「今こそ、エビデンスに基づく報道の重要性を訴える」を寄稿いたしました。www.nira.or.jp

いただきもの

www.hakutou.co.jp 編著者の佐藤隆広さんにご恵投いただきました。米中対立を背景としたグローバル・バリューチェーン再編の動きの中で、重要な役割を果たすと考えられるインドに焦点を当て、その産業発展の実態に迫った力作です。

いただきもの

www.utp.or.jp 著者の中島隆博さんよりご恵投いただきました。近代以降、西洋哲学と一定の緊張感を保ちながら発展してきた日本の哲学史をたどりながら、日本の近代思想を問い直す意欲作です。

いただきもの

本年もよろしくお願いいたします。www.hanmoto.com NHK出版の山北さんよりご恵投いただきました。お正月に眺めるのにぴったりの、日本語がにおけるかわいらしい動物画のビジュアルがフルカラーで掲載された豪華な新書です。

いただきもの

www.kadokawa.co.jp 訳者の山形浩生さん、高須正和さんよりご恵投いただきました。ボリュームたっぷりの、イノベーションのエコシステムとしてのシリコンバレー発展史。巻末のお二人の解説が参考になります!

いただきもの

books.bunshun.jp 相変わらず精力的に著作を発表している安田峰俊さんの、久しぶりに中国社会の問題点にガチで取り組んだノンフィクションです。傲慢な戦狼外交に目を奪われがちですが、仏教界への工作や秘密警察の「派出所」など、一見目立たないところに巧…

いただきもの

www.hanmoto.com 著者の丸山俊一さんからご恵投いただきました。NHKのドキュメンタリーシリーズ『欲望の世界の資本主義』からの5冊目の書籍化です。

いただきもの

www.hanmoto.com 黒鳥社よりご恵投いただきました。宮本常一の『忘れられた日本人』をモチーフにに、民俗学者の畑中章宏さんと黒鳥社の若林さんが、現代の日本と社会を重要に語ったユニークな対談本です。

お仕事のお知らせ

webgenron.com ネットメディアのwebゲンロンに「労農派ピケティは『バラモン左翼』を乗りこえられるか」という文章を寄稿しました。ピケティの『資本とイデオロギー』、特に日本でもよく知られるようになった「バラモン左翼」という言葉について、かつての日…

お仕事のお知らせ

『週刊東洋経済』のコラム「中国動態」に、「エビデンスに基づいた中国経済報道への期待」という記事を寄稿しました。11月5日に放送されたNHKスペシャル、「調査報道・新世紀 File1 中国“経済失速”の真実」の試みを称賛しつつ、そこで紹介された夜間光による…

いただきもの

www.chuko.co.jp 中公新書の『物語〇〇の歴史』シリーズに岡本隆司さんが登場!さすがに中国全土ではなく江南に関する地域史というかなり意欲的な試みです。www.kyuko.asia 『中華人民共和国誕生の社会史』で「革命」を育んだ土壌としての地域社会の様相を描…

いただきもの

www.toho-shoten.co.jp 著者よりご恵投いただきました。改革開放後の急成長の中で、農村におけるジェンダー格差はむしろ拡大したのではないか、という問題意識を、一次資料を丹念に読み込んで検証した力作です。

いただきもの

www.waseda-up.co.jp 著者よりご恵投いただきました。近代以降におけるアジア社会における「商標権」概念の伝播と受容、およびその過程で生じた西洋由来の製品の商標権侵害の歴史を、日本と中国における事例とを重ね合わせることで重層的にとらえようとした…

いただきもの

www.hanmoto.com版元よりご恵投いただきました。ご存じ橘玲さんと行動遺伝学の専門家の安藤寿康さんがタッグを組んで、人間社会に無視できない影響力を与える「遺伝の影」を縦横に論じる、刺激的な対談本です。

いただきもの

www.chuko.co.jp 若林恵さんが聞き手を務めて宇野重規さんが民主主義を縦横に語った中公新書で編集は『所有とは何か』でお世話になった胡逸高さん、とくればこれは読まないわけにはいきますまい。内容もとても刺激的で面白そうです。

お仕事のお知らせ

『週刊東洋経済』のコラム「中国動態」に、「『ブームに殺到する中国EV』を正しく恐れよ」という記事を寄稿しました。海外輸出の急速な伸びに対する欧米の反発が高まる中で、日本でも中国製EVに対する関心が高まっていますが、そのどこに「脅威」を感じるべ…

いただきもの

publications.asahi.com 著者の東さんよりご恵投いただきました。実は二日前に書店で購入してすぐに読了していたのですが、うれしい誤算でした!すでに話題になっている『訂正可能性の哲学』も色々と多様な読み方ができる本だと思いますので、また時間を見つ…

いただきもの

www.bunshin-do.co.jp 執筆者の方々からご恵投いただきました。まさにタイムリーな出版だと思います。

お仕事のお知らせ

10月16日発売の『週刊エコノミスト』10月24日号の特集「知らないとまずいBRICS+6」に、「BRICSの中核を占める中国が『一帯一路』を見直し」という記事を寄稿しています。BRICSが中国が主導で発言を強めてきた背景や、一帯一路の最近の動向について書いてい…

お仕事のお知らせ

私が監訳者としてかかわった周其仁氏の論文集『現実世界と対話する経済学』が白桃書房より11月初旬に刊行されます。2017年に北京大学出版社より刊行された『産権与中国変革』の全訳で、彼の1980年代から2010年代までの主要な論文をほぼまんべんなくフォロー…

いただきもの

www.tokyodoshuppan.com 著者のお一人である遠藤誠治さんからご恵投いただきました。歴史や宗教・民族など多面的な戦争の背景を読み解いた重厚な論集です。