梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

いただきもの

www.shinchosha.co.jp 版元よりお送りいただきました。日本中世社会についての楽しく読める解説本です。

お仕事のお知らせ

www.msz.co.jp ブランコ・ミラノヴィッチの話題作、Capitalism, Aloneの邦訳がみすず書房から出版されました。まもなく書店に並ぶことと思います。なぜか私が解説を書いていますが、目先の米中対立にとらわれず、中国の台頭を許したグローバル資本主義が抱え…

いただきもの

www.keio-up.co.jp 版元よりご恵投いただきました。現代制度経済学を基礎づける記念碑的な名著、待望の邦訳です。

いただきもの

www.php.co.jp このところ実に精力的に問題作を連発している安田さんからまた新著をご恵投いただきました。前著『「低度」外国人材 』が日本と諸外国との関係を考える著作だったのに対し、こちらは諸外国から見た中国の問題を考える著作になっています。

お仕事のお知らせ

www.thinkchina.sg シンガポールの英文紙Think Chinaに、中国の産業政策に関する文章を寄稿しました。以下は、記事の元になった日本語の文章です。 今、中国の産業政策がいくつかの観点から世界の注目を浴びている。 一つは、言うまでもなく、米中間対立の争…

いただきもの

www.msz.co.jp 版元よりご恵投いただきました。タイトルの通り、米中2国間に見られるような対立を、各国の労働者を犠牲にした数十年来の富裕層優遇策に起因したもの、という観点から読み解いたものです。 著者の一人、マイケル・ペティス氏については、朝日…

いただきもの

www.nippyo.co.jp 著者のお一人である阿古智子さんよりご恵投いただきました。昨年6月に制定され、香港における言論の自由や民主化の動きにとって大きな脅威になっている国家安全維持法について、その影響を冷静に見極めようとする貴重な著作です。www.akash…

いただきもの

www.kadokawa.co.jp 相変わらず、精力的に著作を発表し続けているノンフィクション作家の安田峰俊さんからご恵投いただきました。本作は3年前に出版されて話題を呼んだノンフィクション、『八九六四』の増補完全版です(こちらについての私のブックレヴュー…

いただきもの

publications.asahi.com 著者よりご恵投いただきました。福田記者とは2018年に中国監視テクノロジーの牙城ともいうべき北京・Megvii社への訪問でご一緒したことがありますが、その後も地道に中国の経済・テクノロジーの取材を続けてこられた著者ならではの、…

いただきもの

shukousha.com 著者よりご恵投いただきました。著者のライフワークである日中戦争史研究の集大成ともいうべき大著です。

いただきもの

www.unp.or.jp 著者よりご恵投いただきました。現代中国経済研究の泰斗が満を持して放つ毛沢東論。まさに刮目して読むべし、というべきでしょう。

いただきもの

www.chikumashobo.co.jp 著者よりご恵投いただきました。5年ほど前、朝日出版社から出て話題になった単行本の文庫化です。最近のブログ記事でも書いたように文化進化論や自然主義のソフトランディングの問題に非常に関心があっていろいろ読んでいるのですが…

原洋之介先生の訃報に接して

すでに学会のウェブサイトなどでアナウンスされていますが、日本のアジア経済研究を長年リードして来られた原洋之介先生が4月3日に逝去されました。 GRIPS政策研究院の方のお話では、直前までお仕事をされていたとのことですので、突然の訃報と言ってよいか…

いただきもの

www.kokusai-shoin.co.jp 著者の林裕明さんよりご恵投いただきました。ソビエト社会主義共和国連邦からロシア連邦への体制転換過程を全体的にとらえようという野心的な著作です。

いただきもの

www.toshindo-pub.com 編著者のお一人で、中国経済学史がご専門の福永寛さんよりご恵投いただきました。成城大学内の研究プロジェクトの報告書とのことです。

自然主義のソフトランディングのために―地動説から監視社会まで―

bigcomicbros.net ビッグコミックスピリッツに連載されている『チ。―地球の運動について―』は連載を楽しみにしているマンガの一つだ。15世紀の、科学革命以前のヨーロッパにおいて、まさに命がけで「真理」を追究しようとする名もなき知性たちに焦点を当てた…

チンパンジーVS人間:メタ合理性をめぐって

www.hayakawa-online.co.jp 『幸福な監視国家・中国』も取り上げていただいている話題の書、『闇の自己啓発』の中で、『幸福な・・』の、「道具的合理性とメタ合理性」に関する記述が批判的に紹介されている。関連する発言は以下の通りだ(引用はnote記事か…

いただきもの

www.keio-up.co.jp タイトル通り、毛沢東時代という「政治」の時代に社会のあり方と民衆の行動がどのように変化したか、ミクロの視点から分析した貴重な共同研究の成果です。www.kokusai-shoin.co.jp こちらは、やはり中国の農村及び都市に生きる「民衆」の…

いただきもの

www.hanmoto.com 著者よりご恵投いただきました。サブタイトルが示すように、信用貨幣論をベースに、「負債」を返済するために人々が労働を強いられる現存の社会とは異なるあり方を構想したマニフェスト的な新書です。honto.jp 前著に引き続きご恵投いただき…

いただきもの

www.hatorishoten.co.jp 著者よりご恵投いただきました。「セカイ系立憲主義から東アジアの憲法状況を展望する」という斬新な視点が興味深いです。books.bunshun.jp 著者の船橋洋一さんよりご恵投いただきました。東日本大震災後の福島第一原子力発電所につ…

いただきもの

store.kadokawa.co.jp 先日『現代中国の秘密結社』をいただいたばかりの安田さんからまたまたご献本いただいてしまいました。日本における外国人労働問題の実態に、安田さんなりの視点で迫った意欲作とお見受けしました。www.keio-up.co.jp 中国の労働者組織…

お仕事のお知らせ

www.nippyo.co.jp この度日本評論社より出版された池本修一 編『体制転換における国家と市場の相克』に「『緊縮と反緊縮』からみた中国の経済体制」という一文を寄稿しています(版元の目次と内容が異なっていますのでご注意ください)。

いただきもの

www.maruzen-publishing.co.jp 著者の水羽信夫さんからご恵投いただきました。中国近現代史を専門とする研究者が、広島の原爆体験とその教訓をどうアジアの市民と共有するか、という困難な課題に取り組んだ書物です。

お仕事のお知らせ

www.keisoshobo.co.jp 廣野美和さんを中心とする立命館大学の、一帯一路構想を政治/経済、国内/国際という二つの軸から総合的にとらえようという野心的なプロジェクトの成果です。私も「一帯一路構想は新興国に「債務の罠」をもたらすか」という論文を寄稿…

いただきもの

www.chuko.co.jp 著者よりご恵投いただきました。洪門のような歴史のある秘密結社から地下宗教、そして米大統領選でフェイクニュースを世界にまき散らした郭文貴の新中国聨邦まで、「表」にはなかなか出てこない集団が現代中国の様々な出来事とどのようにつ…

お仕事のお知らせ

digital.asahi.com 朝日新聞の「(耕論)国に不信?アプリ不振 新型コロナ」という記事でインタビュー記事が掲載されました。インタビューされたときは日本と中国における感染対策における監視やプライバシー保護の「構え」について一般的な話をしたつもりで…

いただきもの

www.webdoku.jp 著者の吉川浩満さんよりご恵投いただきました。読書の達人であるアラフィフおじさん二人が様々な人文書を深くわかりやすく解説する書評対談シリーズの書籍化です。先日紹介した『闇の自己啓発』といろいろな意味で好対照な企画だと思いますの…

いただきもの

info1103.stores.jp 版元よりご恵投いただきました。コービンが党首を務めていたイギリス労働党のブレーンによる政策論集です。反緊縮、グリーン・ニューディール、気候変動、BI、GAFA規制など今注目を集めているトピックが数多く取り上げられています。 www…

いただきもの

www.hayakawa-online.co.jp 版元よりご恵投いただきました。SNSなどで話題沸騰の、1990年前後生まれの若手論客によるエッジのきいたnoteに連載の読書会「闇の自己啓発会」の書籍版です。連載では私と高口さんの共著『幸福な監視国家・中国』も取り上げていた…

お仕事のお知らせ

nhkbook-hiraku.com 斎藤哲也さんによるインタビュー、後編です。本題はこちらからで、コロナ対策で一層明確になった中国政府の功利主義的傾向と新自由主義との関係、さらにそのオルタナティブを模索するうえでのプラグマティズムやヘーゲルの「承認論」への…