梶ピエールのブログ

はてなダイアリー「梶ピエールの備忘録。」より移行しました。

お仕事のお知らせ

digital.asahi.com 朝日新聞編集委員の吉岡桂子さんにインタビューしていただいた記事が朝日新聞デジタルで公開されました。1月19日の紙面(「交論」)にも掲載されるとのことです。「中国経済および中国をどう見るか」について、広くコメントしています。

いただきもの

www.amazon.co.jp 著者よりご恵投いただきました。長らくソ連・東欧経済について研究してきた著者の集大成ともいうべき著作です。www.iwanami.co.jp こちらも著者よりご恵投いただきました。著者の亀田さんは岩波新書の『モラルの起源』を大変面白く読ませて…

お仕事のお知らせ

本年もよろしくお願いいたします。 月刊誌の『潮』2022年2月号に、「〝恒大ショック〟と中国経済の未来を深掘りする」 という一文を寄稿しています。www.usio.co.jp

お仕事のお知らせ

diamond.jp 『週刊ダイアモンド』誌が選ぶ「ベスト経済書・ビジネス書大賞2021」の第2位にブランコ・ミラノヴィッチの『資本主義だけ残った』が選ばれたとのことです(1位はショシャナ・ズボフの『監視資本主義』)。 私は解説を担当しただけなのですが、同…

いただきもの

www.yuhikaku.co.jp 著者よりご恵投いただきました。中国のミクロデータを用いた金融行動の実証研究を積み重ねてきた唐さんによる、待望の研究成果です。

いただきもの

www.hanmoto.com 著者の藤井省三さんよりご恵投いただきました。第5章の「『トニー滝谷』と『ねじまき鳥クロニクル』では、拙著『「壁と卵」の現代中国論』にも言及していただいています。www.jimbunshoin.co.jp 『ねじまき鳥クロニクル』における「アジア」…

お仕事のお知らせ

business.nikkei.com 『日経ビジネス』オンライン版で、石井大智さんにインタビューしていただきました。内容については下記をご覧ください。 新型コロナウイルス流行後、短期間で抑え込みに成功して経済活動を復興させた中国。だが、ここにきて様々な産業へ…

いただきもの

www.chuko.co.jp 著者よりご恵投いただきました。『幸福な監視国家・中国』の共著者でもある高口さんによる、「コロナ後の監視国家」に関する待望の最新リポートです。

いただきもの

www.hanmoto.com 版元よりご恵投いただきました。第一線で活躍する若者の活動家、ジャーナリスト、政策立案者、研究者が、気候変動の大惨事を回避するために変革的なアジェンダが必要な理由と、運動の組織化のための方法論を説明した、グリーン・ニューディ…

いただきもの

honto.jp 著者よりご恵投いただきました。このところ精力的に著作を発表されている民清期中国社会経済史の第一人者、岸本美緒氏による「歴史学」論集です。これまで私も折に触れ参照し、影響を受けてきた重要な論考が多数収められています。

いただきもの

www.unp.or.jp 版元よりご恵投いただきました。反日デモが盛り上がったのはもう10年ほど前のことですが、それとは全く別の文脈、すなわち米中間の対立から中国との関係の困難さが語られる現在、その困難さの起源を求めて歴史を振り返ることの大切さを感じさ…

お仕事のお知らせ

11月24日付の日経新聞「経済教室」に「中国「恒大」危機が映すもの(上) 過度な金融政策依存 リスク」という一文を寄稿しました。注目を集める恒大集団の問題について、(1)不動産企業の経営というミクロの視点(2)新型コロナウイルス禍以降の中国の財政・金融…

いただきもの

presidentstore.jp 版元よりご恵投いただきました。世界でDXが最も進んでいる中国の最新トレンドや事例をベースに人間の消費行動や価値観の変化を考えた本です。中国が「DXの最先端」であることがすでに前提とされているところが感慨深いです。

いただきもの

www.iwanami.co.jp 著者の濱田さんにご恵投いただきました。近現代中国の女性の生きざまを文学における「女学生」像から描き出そうとした力作です。

いただきもの

books.bunshun.jp 著者の與那覇潤さんよりご恵投いただきました。広く読まれた與那覇さんの「喪失と回復」の記録ですが、文庫収録にあたって追加された3つのエッセイは、現在大学教育に携わる者にとっても必読かと思います(拙著についても言及いただいてお…

いただきもの

www.koyoshobo.co.jp 著者よりご恵投いただきました。ポストコロナの中国経済の「強さ」を総合的に理解しようとした1冊です。

いただきもの

www.chikumashobo.co.jp 私の北京留学時代からの知人で現在も北京在住のライターとして活躍されている斎藤淳子さんよりご恵投いただきました。海外で在住の筆者達が各国の歴史や法律から姓と婚姻、家族の実情を考察した文章を寄稿しています。この問題では欧…

お仕事のお知らせ

月刊誌『Wedge』11月号に寄稿した「『北京対香港』を乗り越え連帯を訴える不屈の左派論客 區 龍宇」という記事がウェブで公開されました。香港の「プロレタリア民主派」のアクティビスト、區龍宇氏の主張と、彼の近著『香港の反乱2019 抵抗運動と中国のゆく…

いただきもの

www.keio-up.co.jp 著者よりご恵投いただきました。「習近平の強国化戦略」に世界中の注目が集まる昨今、毛沢東時代の中国の安全保障政策を網羅した本書はまさに待望の一冊だといえるでしょう。

お仕事のお知らせ

wedge.ismedia.jp 月刊誌『Wedge』に、「『北京対香港』を乗り越え連帯を訴える不屈の左派論客 區 龍宇」という文章を寄稿しました。香港の「プロレタリア民主派」のアクティビスト、區龍宇氏の主張と、彼の近著『香港の反乱2019 抵抗運動と中国のゆくえ』の…

お仕事のお知らせ

シンガポールの英文紙Think Chinaに、一連のプラットフォーム企業への締め付けに関する文章を寄稿しました。www.thinkchina.sg以下は、記事の元になった日本語の文章です。 よく知られているように、2020年末より、アリババやテンセントなどのプラットフォー…

お仕事のお知らせ

【批評】梶谷懐さん「政治制度と「文化」 新型コロナウィルスへの対応をめぐって」 権威主義的国家の台頭は、民主主義の敗北をもたらすのか? 対話への試み。#群像11月号 pic.twitter.com/PP72tG23xh— 群像 (@gunzo_henshubu) 2021年10月7日 文芸誌『群像』…

いただきもの

www.hakutou.co.jp 監訳者の曽根康雄さんよりご恵投いただきました。香港の政治経済状況を、新自由主義的な経済政策の失敗という観点から読み解いた貴重な書籍です。下記の松尾匡さんの書評、ならびに安田峰俊さんと曽根康雄さんの対談記事もぜひご覧くださ…

いただきもの

bookclub.kodansha.co.jp版元よりご恵投いただきました。気鋭の批評家による本格的現代中国論です。

いただきもの

tsugeshobo.com 版元よりご恵投いただきました。民主化運動の背景となった歴史的な背景から、個々の運動の局面で現れてきた香港社会の矛盾、北京政府の横暴、そして運動自体がもつ問題点の指摘まで、民主化運動がもつ多面性を描き切った、現代の香港問題に関…

『理大囲城』と「公平な観察者」について

genron.co.jp 先日刊行された『ゲンロン12』の東浩紀氏(以下敬称略)の論考「訂正可能性の哲学」を読んだ。これで、ゲンロン10から3号分の彼の長編評論を、比較的短期間のうちに読んだことになる。もちろん扱っているテーマは異なるのだが、そこに一貫する…

いただきもの

www.utp.or.jp 著者の倉田徹さんよりご恵投いただきました。香港政治研究の第一人者による、香港情勢に関する包括的かつ重厚な考察です。str.toyokeizai.net 監訳者の山下範久さんよりご恵投いただきました。 資本主義を「安価な自然」からの収奪の体系とみ…

お仕事のお知らせ

『日本経済新聞』9月27日付の「中国テック、進化続くか」というオピニオン記事に、私のインタビューも掲載されています。有料記事ですが、ご関心のある方はお読みください。www.nikkei.com

いただきもの

www.shogakukan.co.jp 東京工業大学附属科学技術高等学校で行った授業をもとに大幅加筆したという池上彰さんの「世界の見方」シリーズ、中国の改訂版です。後半ではデジタル大国化に関する監視テクノロジーなど、『幸福な監視国家・中国』と重なるような話題…

いただきもの

www.shinchosha.co.jp 版元よりご恵投いただきました。リー・クアンユー、李登輝、ブトロス・ガリ、アンジェイ・ワイダ、オルハン・パムクら世界の政治家や知識人にインタビューし、それぞれの国が抱えた近代の葛藤と日本への特別な思いに迫った1冊です。www…